ボディー、エネルギー、スピリチュアル、潜在意識のヒーリングは情報医療の世界から変わる!

炭素埋設


引越早々、忘れていました。。

そう、普通はゴキブリってやつが世の中に存在していた事を、、、

随分その存在を忘れて久しかった為、ここで初めて遭遇した時には、愕然として家族全員がFreeeeeze!!

そうだ、この家はまだ炭埋どころか、結界さえもしていない!

かなりマズイ、、私はゴキブリが何をさておいても苦手だ、、
ゴキブリに遭遇するほどなら、おばけを見た方がまだましだ。。

その後、1週間以内に3匹見つけた時には、夜もおちおち眠れなくなり荷物の山から何とか結界炭を4つ見つけ慌てて設置。


とはいえ、本当に出てこないか不安な数日を過ごし、有り難いことにその後は一度も彼らの姿を見る事がなくなった。

しかし今回ばかりは、結界の素晴らしさを再確認です。
見えないエネルギーは虫の方が敏感なんでしょうね。
 


前回のリン・マクタガードさんのブログで面白い記事があったのでご紹介しましょう。

今回のテーマは、地磁気が人間の松果体に与える影響について書かれています。

 

これを読むと、前回のMLで書いたNESセラピーの最優先項目である「地球との同調度」がいかに、大切か再確認できます。

 松果体が、宇宙のエネルギーのアンテナであることは、よく知られていますが、彼女はそれをより化学的な検証に基づいて、リサーチしています。

以下、抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

まず、松果体といえばメラトニンやセロトニンというホルモンを分泌するのですが、そのホルモン分泌に地磁気が大きく関与しているようなのです。

 

セレナ博士Serena Roney-Dougal(イギリスの超心理学者)は、地球の地磁気の磁束が松果体に影響する事で心霊的に「チャンネルを合わせる」ことが可能にしているという生物学的な検証による研究を発表しています。

 

アマゾンの部族が儀式で使用するドリンクは、治癒のための精神的な効果、透視と予知などを可能にし、地ブドウ(Banisteriopsis caapi)のエキスは化学的にほぼ人間のメラトニン(DMT)に相当する物質から生成されます。 

 

松果体が地磁気に刺激されたとき、それは意識を変えるのに助けとなるこれらの植物幻覚発現物質に類似する化学物質を生産します。

 

このような事実から、セロトニンとメラトニンの生産は心霊現象に関与する可能性があります。

ある研究では、幻覚剤は、セロトニンとメラトニンのレベルを変えることで結果として、精神障害を引き起こすと言われています。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この内容について、もっと詳しく知りたい場合は、下記にアクセスして無料メルマガに登録下さい。

http://neshealth.jp/submite.html 



 

 


今回は、既にお家が建っている所への炭埋でした。

大阪市内で住宅が立て込んでいる場所での炭埋は、往々にして

コンクリートで固められ、土が見える場所がありません。

これは、人間に例えれば身体の表面にペンキが塗られているのと

同じで皮膚呼吸が出来ない状態です。

このような土地こそ是非炭素埋設をすることで土地が元気を

取り戻します。

Kさんのご自宅も例に漏れず、敷地の全てがコンクリートやタイルの為

駐車場のコンクリートを剥がしての工事となりました。

もちろん手掘りは不可能なので

業者さんに依頼しての工事は一見大掛かりですが、

作業自体は1日で終わり見た目には工事前とほとんど変わらない

状態です。


開始前の状態開始前の状態です。










コンクリート砕きコンクリートを砕きます。











hatur3穴の大きさ分(約直径1mぐらい)を砕きます。











重機穴掘り重機で穴掘り開始です。









穴完成穴完成です。(深さ約1.2m)










炭&金今回はゴールドブレンドといって金箔を層の間に入れます。










炭投入1層目は、炭3袋投入して水で湿らせていきます。










金箔投入金箔を投入します。きれ〜いでしょ。










金箔と水金箔も水で定着させます。










最後の炭その後、炭3袋ずつ投入を4回繰返して最後炭素質投入が完了しました。










埋め戻します。重機で土を埋め戻します。










最後2鉄骨をつなげます。










終了ですコンクリートをもう一度打ってイヤシロチの完成です。








炭素埋設には、結界用の炭がセットになっていて敷地の結界をはるのですが

以前より耳鳴りがひどかったKさんは、結界を張った日から

耳なりが消えたと喜んでおられました!

炭素埋設は6か月〜1年ぐらいでゆっくりと地磁気の安定化が終息していきます。

これからが楽しみですね。


炭素埋設に興味のある方はこちらにアクセス↓

http://www.cau-d.jp/jp/works/tanmai/k_tanmai.html


炭埋に関するご質問も24時間受付中です!



面白い記事を、見つけました。

ほおじろえいいちさんという、エネルギーフィールドについての著書を数冊かかれており、私も何度かお話をきかせて頂いた方のコラムです。

以下抜粋

そういえば、イヌやネコの電磁気エネルギーに関連して、最近おもしろいことを知りました。

本コラム第21回でご紹介したバイオ・アーキテクトのストックマン氏から教えていただいたのですが、イヌは人間に有害な電磁気を嫌い、ネコはそれを好むというのです。

彼によると、昔、ローマ時代の人たちは土地を買う前に、ウシとイヌを連れて行ってその土地の良し悪しを調べたといいます。ウシやイヌは電磁場的に人間の健康によい場所を好み、そういう場所に行くと気持ち良さそうに横になり寝てしまうのだそうです。

だからローマ人たちはウシやイヌが気持ち良さそうに寝る土地を買ったのだそうです。そのような土地は、今風にいえばイヤシロチ、ゼロ磁場、あるいはヒーリング・スポットなどということになるでしょう。

ところが、ネコちゃんはまったく逆で、人間にとって健康によくない電磁気エネルギーがあるところで、気持ち良さそうに寝てしまうというのです。冬、外に雪が降っていて、家の中にはコタツがあって、ネコがそこで丸くなっている。そんな映像が浮かんできます。ネコちゃんたちは電磁気エネルギーが大好きで、それを自分の身体に吸収したがるのだそうです。

土地を買うのにネコを連れて行って調べることができるかどうかはわかりませんが、ネコを家の中で飼っていると、彼らが私たちの身体に有害な電磁波を吸収してくれることは確かなようです。

ネコの電磁波吸収能力については、最近、ロシアの科学者たちによっても確かめられているといいますから、おもしろいですね。

(上記のコラムの全文は→http://funaiyukio.com/spilitual/index_0710.asp)

抜粋ここまで。


私は、炭素埋設法という日本古来の技術で土地のエネルギー磁場を整える仕事もしていますが、
炭埋後にお話を聞くと、飼っているわんちゃんが炭埋をした場所に好んで寝ていという
報告を、良く聞きます。

ねこちゃんの場合は、聞いた事がないです。

皆さんの中で、どうも寝付きが悪い、疲れが取れないかたは、
わんちゃんが好んでお昼寝する場所に、移動してみては?


炭素埋設って?  → http://www.cau-d.jp/jp/works/tanmai/k_tanmai.html


今月初めに、大阪は本町の新築オフィスビルに炭素埋設に行ってきました。

前回のブログでその経緯などを書いています。こちら→地磁気測定

一日で6穴は、ちょっときついので(夫のT君も最近体力の低下が。。)

二回に分けての工事となりました。

今回は4穴です。

現場
現場はこんな感じてなんと地上から

6メートル以上の深さから

さらに1.2m 掘ったところに炭を

埋めます。

炭袋

1穴に15袋の炭を投入します。

5袋ごとに、粉状の炭に水を混ぜながら

泥状になるまで混ぜます。

炭埋孔

こんな感じになれば、

真ん中に結界用の炭のポットを

設置していよいよ金箔を入れます。

金箔1

金沢の金箔職人の手によって

丁寧に仕上げられた金箔です。

これを3回に分けて層にします。


炭埋金箔アップ

お〜(@>_<@) なんと雅な。。。

美しい輝きに感激です。。

一気に周りのHADOが変わります。

炭埋金箔1

金箔はとても軽く風に飛びやすいので

再度、水を入れて定着させます。

それからさらに炭を又5袋そして金箔の

層を二回繰り返して終了です。

HADO水注入
最後にHADO水を注入して仕上げです。


さすがに、4穴終わった時には、

くたくたでした。。。

T君ご苦労様でした。

11月中旬にあと2穴工事をしたら、終了です。

どうなるか、楽しみ〜。



皆さんは、ジオパシックストレスという言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、ドイツが、発祥といわれています。

ドイツには、昔から、他の地域と比較して、

極めてガンの発症率が高い地域がありました。

この地域を、ダウザー(地中に埋まっている水脈や、金属、油田、

特殊なエネルギー等をある装置を使って見つける技術を持った人)

が調べたところ、この地域には、地下から、生じる様々な周波数が、

地下に存在する断層や亀裂などの影響を受けてぶつかり合うことで、

非常に乱れた状態になっている事が、わかりました。

このような場所では、磁場の乱れが、私たちの生命エネルギー

(気の流れ)を滞らせ、精神や身体的健康に大きく影響します。

また、地下水脈からでる磁場も人体には悪影響があることがわかっています。

このように、「土地に由来する病気」をジオパシックストレス

と呼んでいます。

最近では、広い意味で、電磁波の放射など現代科学が作り出した人口周波数

も含めてこう呼んでいるようです。

このような場所を、日本的に言うと、「ケガレチ」という事になります。

日本でも、このような地域が、昔から存在していたようで、

ただ、それを測定などしていたわけではもちろんなく、そのような

人体に悪影響を及ぼすHADOをカラダで

感じ取れる能力があった方がいた。という事でしょう。

ですから、常に頭痛がするとか、寝ても疲れが取れない方は、

一度寝る場所などを変えると、あっさり解決する場合も、多々あります。

人は、天のエネルギーと地のエネルギーを取り込む事で、生命エネルギーが

活性するのですが、現在の状況は、体内のエネルギーセンターと呼ばれる

チャクラが詰まっていると、天のエネルギーがうまく取り込めないのと、

大地のエネルギー自体が、先ほどの要因プラス土地のエネルギー低下で

ほとんどエネルギーが取り込めない状態になっています。

これは、HADO的にみても、ネガティブ意識が、そのような荒いHADOに

共鳴する事も多々あるため、環境を整えるという事もとても大切です。

それに対処する意味で、風水的なテクニックや、「炭素埋設」
結界を造る等で、土地のHADOを変えるアドバイスをさせて頂いています。

ご興味があれば、一度覗いてみてください。


ジオパシックストレスの本

ドイツ振動医学が生んだ新しい波動健康法―日本に上陸したバイオレゾナンス・メソッドのすべて


アースを取ることで、有害な電磁波を地中に流す方法です。

オールアース時代がやってくる―快適な住まいに電磁波対策は欠かせない

先日、大阪を代表するオフィス街中央区は本町で、

新築のオフィスビルに炭素埋設をする為、地磁気測定をしてきました。

このあたりは、かなり歴史的にも古い町ですし、

今でも大阪の経済の中心地であるだけに、土地に染み付いた意識も

結構あることは、想像していました。


そして、実際の地磁気の値は、思った以上のものでした。

通常、大阪あたりの、平均的な地磁気の値は、

310〜330mgaus(ミリガウス)言われています。


しかし実際私たちが、測定してきたほとんどの土地は

250mg〜300mgを推移しており、

最近の日本の地力の低下を実感していたのですが、

今回は、平均で190mg前後と想像以上に低い値でした。


この値は、ここだけの限らず、このあたり一帯はほとんど

大差がないと想像出来ます。


その状態で、又鉄骨のピルを建てると、磁場は益々乱れ、

通常の状態に戻るのには、10年はかかるといわれています。


実際、このあたりまで、地磁気が下がっていると、

そこに居るだけで、土地にエネルギーを奪われてしまい

何もせずにいても、疲れてしまう環境です。


また、地力がないということは、土地の浄化能力、

自然治癒力も低下している為、人から発散される

ネガティブ意識を浄化できず、土地に溜まる一方と

考えられます。


結果的には、朝から満員電車に揺られるだけでも疲れてしまうのに

着いた会社の環境でエネルギーを吸い取られ、残留した

ネガティブ意識に影響を受けてしまい、殺気立った雰囲気のなか

緊張しながら仕事をしなければ、ならない状態が

日常茶飯事となってしますのです。


このような、環境の中に人生の大半を過ごされている方が

ほとんどである現状の中、いかに地力を上げ

土地の自然浄化能力をアップすることが、

大切かを痛感した出来事でした。


幸い、このビルのオーナーさんは、この

見えない世界をよくご理解していらっしゃる方で、

「ここで仕事をされる方に、出来るだけ

良い環境を提供したい」という熱い思いで

炭素埋設することを決断されました。


炭素埋設には、2種類あって通常は、炭をメインに

鉱物や塩をブレンドしたものを埋設するのですが、

今回は、ゴールドブレンド(Nescaféではありません。笑)

という、かなり浄化能力が高いブレンドの炭

を使うことにしました。


これは、その名のとおり「純金箔」を一緒に埋設する方法です。

もちろん、炭のブレンド自体も、開発者の「ミキたんまい工房」

の高野さんが、これまでコスト的にネックとなっていた為

断念していた最高のブレンドで作られたものです。

純金は、「酸化しない」「電気伝導率が良い」そして

「浄化作用がある」といわれ、昔からお金持ちが

家を建てる時には、建物の四隅と中央に金銀財宝を埋めたと

言われています。

HADOリーディング的にみても、金以外の金属は

ネガティブ意識により、毒素に変わって体内に蓄積してしまう

様ですが、唯一「金」だけは、毒素に変わらない金属の

ようです。

ですから、今回のような場合は、とても効果が高いと

考えられます。

10月に、このゴールドブレンドの炭素埋設を6箇所

予定しています。

ここは、オフィスビルになるそうですので、こんな環境で

仕事をしたい方は、お問い合わせくださいね!

その後の様子は、随時このブログでご報告しますので

皆さんも、楽しみにしていてくださいね!

炭素埋設法、ゴールドブレンドの詳しい情報は

こちら→炭素埋設法 イヤシロチに住もう!






「イヤシロチ」という言葉を聞いた事が、あるでしょうか?

イヤシロチとは、伊勢神宮のような清々しく、居るだけで気持ちが良くなり、

癒される場所です。

イヤシロチづくりとは、「天然のイヤシロチ」を手本に

「さわやかで気持ちの良い場所に近づける。」技法と考えています。

その為には、物理的にも波動的(霊的)にも整っているという事はとても大切です。

私たちの暮らしている環境は、様々なマイナスエネルギー(ネガティブな想念)

が存在し、少なからずの影響を私たちに及ぼしています。 

たとえ炭結界や、炭素埋設を行って頂いて物理的に整えても

人の日々発動するマイナスエネルギーの増加で、この効果も薄れる

可能性もあります。

この波動砂はそんな現象を予防する為に、開発されました。

この波動砂を、お墓の敷地にまくことで、ネガティブな意識がクリアーに

してみては、いかがでしょうか??

今年は、一味違ったお墓参りで、こころも軽くなるのでは??

詳しくは こちら→ http://www.hadode.com/hado/HADOsand.html
炭素埋設は、土地のHADOを物理的に変えてしまうのは、

とても良い技術ですが、残念ながらマンション住まいの方が、

多い日本の住宅事情。

私も、3年前までは、大阪でマンション暮らしをず〜〜〜っと

していました。

そんな方の為に、開発されたのがこの部屋用炭。

これは、部屋の床と天井の隅に立体的に炭を、設置して

空間全体に目に見えない結界を張ってしまおうという技術。

古くは、神社などでも良く使われていた技術で、

外部からの邪気をはらう意味で活用されていたようです。

この部屋用炭は、置いた瞬間から空気感が、明らかにかわると

実感される方も多いぐらい優れものです。

音に敏感な方は、ステレオの音がよくなると、良く

聞きます。

これは、通常の置き炭と違って、完全密封ですので、

埃をかぶることもありませんし、マメに太陽光線を

あてて、殺菌する必要もありません。

特に最近は、内容もバージョンアップしており

ネガティブなエネルギーがついても、自己浄化能力が

あるので、ほとんどメンテフリーとなっていて、

設置は、ただ置くだけ。

この部屋用炭、部屋の空気がすがすがしくなるのは、

もちろんですが、なぜかゴキブリがいなくなるようなんです

私が以前住んでいた、マンションは1Fだったので置く前は

たまにゴキブリが出没して、大騒ぎだったんですが、

この炭を設置した後は、全く見かけなくなりました!

1度だけ見かけたのは、なんとベランダで死亡状態の

ゴキちゃんでした。。。

興味がある方は、こちらにアクセス

設置方法や、サイズがわからない方は、

遠慮なくお問い合わせ下さいね。

お部屋の図面や、間取りを頂くと一番効果の

高い設置方法など、アドバイス出来ますよ!


開発者の高野さん(カーマニアで、日本中を炭埋行脚

されている怪しい系。でもとっても楽しい人です!)

のサイト ミキたんまい工房

今既に、使われている方の、コメント頂けると、

嬉しいです!

宜しくお願いします。


炭素埋設法、ゴールドブレンドの詳しい情報は

こちら→炭素埋設法 イヤシロチに住もう!



ガウスメーター昨日、大阪市内ユニバーサルスタジオ近くのお家のHADOReadingに行ってきました。

私は、お家をリーディングする時は、地磁気測定器という、土地の磁場を計る機械で
その土地が良い土地なのか、悪い土地なのかを、見る目安に使っています。

通常、関西圏であれば、平均350mg(ミリガウス)ぐらいなのですが、
最近、このぐらいの数字が出ることはほとんどなく、大体は200mg〜 300mgと
かなり、低めです。今回のお家は170mgと極端に低いところから300mgまで
結構なばらつきがあって、安定しない土地でした。

多分、地面に何か埋まっているような感じです。

地磁気が安定しない土地は、免疫力が下がり、
寝ても疲れが取れませんし
脳の情報伝達がうまく行われないので、
潜在意識にもネガティブな情報が
蓄積していきます。

その結果、運がわるくなったり、不幸災難が
起こりやすくなります。

地球の地磁気は土地の乱開発、自然破壊などで
大きく乱れてしまい、住宅地のほとんどは、
乱れがかなり進んでいます。

又、地下に水脈や断層、金属が埋まっている場所では、
地磁気の乱れが極端なので、
通常その場所は設計から外すか、仕方なくても
決して寝室にはしません。

このような、場所をケカレチと呼んでいます。

反対に、とても癒される地磁気の高い場所(伊勢神宮やパワースポットと
言われるところ)はイヤシロチと呼ばれています。

パワースポットについては、こちらの記事を参考に

ケガレチの土地の場合は、炭素埋設法という、土地に炭を埋めることで
土地のHADOを調整したりします。

詳しくはこの本で
イヤシロチ〈2〉心地よく棲む方法がある

イヤシロチ―万物が蘇生する場所がある
どちらにしても、住みにくい世の中です。。。

関西方面の方で、炭素埋設について、もっと詳しく知りたい方は
こちらのサイトへ 

炭素埋設法、ゴールドブレンドの詳しい情報は

こちら→炭素埋設法 イヤシロチに住もう!


この記事への、トラックバック、コメントなどお待ちしています。




livedoor プロフィール