ボディー、エネルギー、スピリチュアル、潜在意識のヒーリングは情報医療の世界から変わる!

パワースポット


今回は富士吉田、河口湖周辺 です。

特にエネルギーを感じたのは浅間神社(「あさま」ではなく「せんげん」と読む)です。

IMG_0880
本院というより、左右にあるスギからのパワーがとても強く感じ特に向かって左の木の氣はかなりのもんでした。皆さんはどう感じたか是非行かれた際はコメント下さいね。

この神社には富士山の登山口もあり今から富士山に上る方への守り神的な存在でもあったんでしょうね。

ここにいると、こころが凛とする一種きりりとしたエネルギーを持った場所と感じました。

さて、神社出口付近にあった古い作りの「ほうとうと吉田うどん」のお店を見つけました。(また食い気!)

吉田うどんって食べたことがなかったので、早速入る事に。



IMG_0890

写真を取るのを忘れて残念ですが、コシのある太麺のおうどんに、トッピングがきんぴらとおあげさん。(ちょっと京都の「おめん」風)

だしのお味はとても鰹だしが効いている今まで食べた事がないだしの感じでしたが、結構これもいける感じです。

娘は、ほうとう(宝刀からの由来らしい)を美味しそうに食べていました。




次に以前からちょっと気になっていた「久保田一竹美術館」に行ってみる事に。。

建物にはその時代背景や世相、個人の思い、こだわりなどが建築というリアルなもので表現されているため、それぞれが独特なエネルギーを発信し続けているところが昔から好きで、質の良い珍しい建築物を見に行くのが趣味なんです。

今回のこの美術館も興味があって行ってみたかった建物の一つです。

もちろん一竹の宇宙観には学生時代凄い衝撃を受けたことも手伝ってですが。


こちらが、美術館入り口。

IMG_0856

とても美術館とは思えない入り口ですが、自然の杜の中にひっそりと作られたインドからわざわざ取り寄せた門にも一竹の宇宙との一体感を意識しているイメージにぴったりです。

ここから、しばらく森の中の美しい小道や小川のせせらぎを聞きながら通り抜けるとようやく新館の建物にたどり着きます。

IMG_0859



新館の前は、広場になっていますが、建物自体は自然の景観を極力変えないように配慮して設計されています。

しかしそのデザインは全て曲線ばかりが使われており、有機的な形状にこだわった所も一竹にとっての自然の形状へのこだわり表現を感じます。

写真はありませんが、本館の形はピラミッドを形どった4角錐で樹齢1000年を超えた巨大な梁を使った作りは圧巻です。

そこに展示されてる「宇宙」をテーマにした辻が花の着物絵巻は、その壮大な計画と熱意には本当に驚きです。何かに動かされているという感じまでします。

残念ながら、この計画が終わる前に亡くなったのですが、たとえお弟子さんが続けてもまだ100年以上かかると言われています。 

この建築どこか、ガウディーにいていると思いませんか?

あの「サグラダファミリア」も確か完成するまでには、まだ数百年かかるとか。





鹿児島県の最果てヨロン島。

沖縄まではわずか22kmという、沖縄県にほうが

断然近いという、南国のヒーリングアイランド

に滞在してきました。

yoron reinbow
(虹がかかっているのが見えるでしょうか?)


与論島は、周囲23キロ、人口5700人という

とても小さな島ですが、そのパワーは素晴らしい!

与論空港に降り立った瞬間から、空気の密度(?)

って言うんでしょうか。

違うんですよ。。

エネルギーが満ちていると言いましょうか。



coral reaf

本当にエメラルドに輝く海は絶景です。


特に、今月は七夕と満月が重なるという

ロマンチックかつエネルギーが高い日に合わせての

日程組だったので、とても楽しみにしていました。




七夕というと、常に曇り空でめったと天の川も見れないのが

常ですが、さすがは南国。

すっかり梅雨明けした夜空は、完璧な状態。

BQQ

早速、プライベートビーチのテラスでサンセットを

見ながら食事を楽しんだ後(上写真)、

ナイトスルーズで沖に出発しました。

full moon

ご覧の様に、とても素敵なフルムーンを見る事が
出来ました。

天の川は、残念ながら月光があまりに明るかった為

ぼんやりとしか見る事が出来ませんでしたが、それでも

神戸では見る事ができないぐらい近くに見えましたよ〜。

ナイトクルーズの後は、月光を浴びながらの

夜の海で、ゆったりと泳いでいました。

これは、皆さんも絶対一度は経験することを

お薦めします。

こころを空っぽにして、ただ波に身を任せながら

満月を見上げていると、時間と空間の感覚が消えていき

まさに自分は地球の一部で自分の肉体というより、

全体の中に溶け込んでいるという安心感、

何とも表現できないぐらいの心地よさです。

こころとカラダのリセット、浄化とはこの事ですね。



本当に素敵な浄化が出来た2009年にふさわしい1日でした。


さて、ヨロン島でもう一つのお目当ては、

ヨロンセラピー呼ばれるエステです。

こブログをよく読んで頂いている読者は、私の

エステ好きはご存知ですよね。(^_^)

過去の記事はこちら↓

http://hadoreading.livedoor.biz/archives/50095916.html

http://hadoreading.livedoor.biz/archives/50179392.html

http://hadoreading.livedoor.biz/archives/50766488.html

早速体験してきました。

ヨロンセラピーとは、

メイドイン・ヨロンのみの素材を使った

エステです。

今回私が体験させて頂いたのは、全身のリラクゼーションコース

(2時間)です。

季節に応じたお花とハーブをフットバスの後は、

エステ花

(今回は、与論産のお花とレモングラスとローズマリーの
ハーブを入れたフットバスでした。)

与論沖の海洋深層水から採取した天然塩による足裏の角質の

お手入れ。

エステ2
ヨロン産の天然塩

それから、足先からフェイスまでの全身マッサージです。

フェイシャルに使うクレンジング剤もヨロン産深層水由来で

にがり等も配合されているそうです。

セラピー全てに使用するオイルが、スクワランオイルなのですが、

スクワランオイルとは、肌への浸透性が非常に高く保湿効果も

抜群なオイルですが国内産は少ないと言われる中、

全てヨロンで水揚げされた深海サメ由来のオイルが

贅沢に使用されています。

このオイルは、本当に肌に優しく浸透して、終った後の

お肌は、プルンプルンお顔は、ピカピカ

場の良い所で受けるエステは、通常以上にカラダへの

エネルギーの流れを活性化させるようで、

5才若返った(思っているだけ?!)エステでした。

これで、2時間17,000円でした。

一つ残念だったのは、全身といってもなぜか

両腕だけは、マッサージがなかったことです。

これは、是非メニューに加えてほしいと思います。



さて、最後にヨロンの朝日の写真です。

sun rise


思わず合掌。


すばらしいリフレッシュが出来ました。


非日常体験は、潜在意識を覚醒するにはとても

てっとり早い方法で、またツキを呼び寄せます。

皆さんも是非、3ヶ月に1回ぐらいは、時間をとって

旅行する事は結果的に、良い運を引き寄せ、良い情報が

集まるコツです。

islands




続きを読む
私が、よく覗くブログの一つほおじろえいいちさんの記事で、面白い内容が

あったので抜粋です。

抜粋ここから〜

植物たちも同じです。

彼らは自分の都合のよい場所にしか根を生やしません。

ここから、彼らの都合のよい場所とはどういうところなのかを知っておくと、そこが私たちにとって良い場所なのか悪い場所なのかがわかることになります。

たとえば、サクラ、スモモ、キヅタ、ヤドリキといった植物は猫と同じで、人間にとって有害な波動エネルギーのある場所を好むといいます。

オーク、トウヒ、モミ、カラマツなどの森に生える樹木も同じです。

これらの木は水脈の上でよく成長するので、雷(かみなり)はこういう木々を選ぶように落ちるといわれています。

桜の咲く時期、私たちはよくお花見に出かけますが、ほんとうはそういう場所は波動エネルギー的にはよくないのかもしれません。

犬と同じように、人間に良い波動エネルギーを発する場所を好み、悪い波動エネルギーを嫌う植物は、リンゴ、ナシ、スグリ、ライラック、菩提樹、ベコニア、アザレア(ツツジ)などだそうです。

動物では、改良され過ぎていない鳥、ウマ、ブタ、ヒツジ、ニワトリ。彼らも犬と同じように、人間にとって良い波動エネルギーのある場所を好むといいます。

ついでながら言うと、各種の昆虫、バクテリア、寄生虫は猫と同じように人間にとって良くない波動エネルギーを好むそうです。

アリやミツバチに至っては、よくない波動エネルギーが交差する地点、つまり人間にとっては非常によくない場所に巣をつくるのだそうです。

植物たちも、動物たちも、皆それぞれに環境の波動エネルギーに敏感に反応しながら精一杯生きているのです。

抜粋ここまで〜

自然と共に生活し、自然に触れる事で、人間にとって必要な情報は自ずと
入ってくるということですよね。



全文はこちらから見れます。

http://www.funaiyukio.com/spilitual/index_0812_02.asp


あなたの土地がイヤシロチ、ケガレチかどうか知りたい人は↓↓

http://www.cau-d.jp/jp/works/tanmai/k_tanmai.html






昨日、小豆島から帰ってきました。

毎年恒例のS先生企画の今旬のパワースポット巡りです。

2日間ともどしゃ降りという天気予報にも関わらず

一度も傘をさすことなく、時折太陽さえ顔を出すという

ラッキーな旅を過ごす事が出来ました。

エンジェルロード

今回小豆島は、干潮の時だけ現れ余島とつながるエンジェルロード

には、自然の波の浸食で空いた穴をくぐると願いがかなうといわれている

(くぐる時に3回同じ願いを唱える事!)岩くぐりに始まり



sipaku1


樹齢1500年と言われるシンパクの木は、期待していた以上に美しいオーラ!!


sinpaku2


龍が見えます。




kankakei



2日目は寒霞渓でエネルギースポットを

まわり、無事帰途につく事が出来ました。





sun

帰りのフェリーでYさんが撮った太陽の写真がすばらしいので

アップします。


天使が羽を広げたみたいでしょ?



こちらは、ダイヤモンドが輝いているみたいです。

sun lignt
さて、前回のつづきですがようやく写真をあっぷします。

鞍馬山は、スピリチュアル系の好きな人たちの間では有名なスポットです。

叡山鉄道の終点「鞍馬駅」です。

鞍馬駅

幼少期は義経が天狗とともに修行したことでも有名。

下の写真のスポットをどうしても撮りたくて登りました。

秋だというのに、大汗です。

ちょっと運動不足気味のrisaです。

鞍馬寺

私は、内側から2番目の円からエネルギーが変わるのを感じましたが、

皆さんはどうでしょうか?

でも、全体的には、ゆらゆら温泉の湯気の様なもんが内に向かって渦巻いて

いるような感じかな〜。

比叡山からの風景

処変わって、比叡山中腹に建っているオーベルジュ「オテルド比叡」からの

景色です。

ちょっとくもり空でしたが、琵琶湖が眼下に見渡せるすばらしい景色です。

オテルド比叡

お部屋からの景色も緑に囲まれて、とてもリラックス出来る非日常

空間です。

テーブルも広いので仕事もバッチリ出来ます。(^ー^*)


では、今日はこのくらいで明日から東京で ヒューレンさんの

セミナーに参加してきます〜。

人気HPランンキング只今4位です!

目指せ1位で、右のランキングアイコンをぽちとお願いします!!



吉方位取りで、10月7日から「オテルド比叡」に滞在していました。

7日は、年、月、日、が「丙」に重なり、財に関する大吉方位なので、

どこか「優雅な気分で美しい景色が見える場所で仕事が出来る所」と考えて

このホテルを選びました。

このホテルは標高約500m、比叡山中腹に位置する小じんまりとした

フレンチスタイルのホテルです。

「丙」のエネルギーを重ねるため、朝4時に神戸を出発しました。

途中、鞍馬寺(通常は寺社仏閣は行ってはダメ)にちょっと寄ってから

(鞍馬本殿前のスポットをどうしても写真でアップしたかったので。。)

鞍馬温泉でカラダを浄めてから比叡山に向かいました。

(途中、しっかりオータムジャンボ等も買い。。)

すると、早速チェックインの時に効果が出ました(^ー^*)

予約は、普通のツインだったのにほんの少しの追い金で

なんと、スイートルームに変更可能(本来は倍の金額です!)

です。と言われ勿論、アップグレードしました。

案内されたお部屋の景色はとてもすばらしくお部屋はダイニングや

ソファーセットもあるゆったりとしたお部屋は申し分ありませんでした。


それから、アーユルヴェーダのエステをして頂き(これも頼んだ訳でも

ないのに、私の大好きなアーユルヴェーダのエステだった!)

こころもカラダも最高の気分になって、お仕事のプランなどを

させて頂きました。

夕食のレストランからの夜景(琵琶湖が一望)も素敵でしたし、

お肉の食べれない私に特別対応の食事を作って頂いたシェフやスタッフの

気持ちの良い対応も、感謝です!

朝起きたときの、雲海!

これぞ、非日常体験の骨頂ですよね。

自分が雲の上にいる気分というのは、理由もなく気分の良いものですね。

近いうちに、写真アップするので楽しみに!


10月はもう1日良い日があります。

その日に「オテルド比叡」へパワーランチツアーの計画もしています。

気になる方は、

吉方位情報メルマガ「goodluck press」に登録して情報をゲットしてください


↓↓↓


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=8807


この情報が参考になった方は、右コラムの

ブログランキングをぽちっとお願いします。

現在、4位!! ちょっと居ない間に4位なんて凄い!

と思ったんですが、Down↓ と書いてあるではありませんか?!

という事は、3位とかにもなってたん?

凄いやん〜。 皆さん目指せ1位です。宜しくお願いします!!













さて、ニュージーランド紀行の続編です。

ニュージーランドは、何せ南半球です。

風水的な観点で興味しんしんでしたが、意外に行ってみれば

体感出来るような大きな変化はありませんでした。(^^;

現地に住む日本人にも「北から太陽が照っているって変な感じですか?」

と聞いても、全然気にしてないというか。。。

「言われてみれば、そうですね。考えてみればこっちでは、確かに南向きの家が

いいなんて、全くないですし。。」

そりゃ〜そうでしょう。。北向きの家が日当たり、いいんだから。。

考えてみたらそりゃそうですよね。

誰も、私の様に方位磁針を持ち歩いている訳でもないので、

その方角がどこから照っていようが、関係ないというのが本当でしょう。。。。

まあ、結論としてはやはり、風水的には全て逆転して考えるだけで問題ない

という結果となりました。

皆さんの中で南半球でここが違う!というご意見があれば是非投稿下さい。

南半球という事よりも、もっと大切で大きな違いを感じたのは、

なんと言ってもやはり場のエネルギーの違いでしょうか。

日本に比べると、随分と地力自体が強く感じられました。
それに伴い、空気の質も随分と良いので、日本に比べコンタクトが全然乾かない。

酸素がとても豊富という事ですよね〜。

今回実感した事は、建物の間取りやデザインよりも、もっと大切なのは、

その建物が立っている場所がどのようなエネルギーを持っているかが実は、

7割はその場所の風水を決定するのではないかという事です。

エネルギーの高い土地であれば、少々のあばら屋で鬼門に水周りがあろうと

大した問題ではないという事です。

折角ですので、NZのすばらしい風景を少しアップしておきます。

Nz2







南島のアルプス山系の山々
kauri








Kauriと呼ばれる神が宿る木
Aukland







オークランドのcity
misen


先日、広島の宮島にある弥山という山に登ってきました。

ここは、宮島信仰の聖地とも呼ばれる

弘法大師が開基された標高535mの山です。

前日は、70%の雨と予測されていたにもかかわらず、

びっくりするぐらいの快晴!

とても、すばらしい大地のエネルギーを感じさせて頂きました。

この山に登るのは、2回目ですが今年は、会う日と会う人みんな外国人ばかり。


宮島が世界遺産に登録されたからなのでしょうが、他にもランチに入った

レストランは、自分たち以外はずべて外国の方だった等等。

ちょっと不思議が感じがする宮島参拝でした。

とはいえ、弥山は、途中までロープーウエーもあり、足元も

結構ちゃんと整備されてあるので、是非皆さんもトライしてみて下さいね!




10月24〜25日と満月のパワーを十分発揮させるツアーに出かけました!

24日は、滝修行等でいつもお世話になっている、
修験道の根本道場である犬鳴山の
坂本法龍先生のお勧めで、50年に一度しかないという、
大覚寺の大護摩焚きに参加させて頂きました!

護摩2

火入れ前の風景です。

四方は結界が張られ関係者以外は

立ち入り禁止ですが

その周りは全国から集まってこられた

修験道の方たちを含め

3000人ぐらいの人でごった返しています。

護摩3

長い長い護摩前の儀式が終わり

ようやく火がつけられました。

ものすごい煙と炎は圧巻です!

この煙の形や、炎の立ち方で、運気を

見るらしいのですが、あなたはどう見ますか?!


護摩焚の後は、天橋立へ。


太陽


綺麗な夕日が、宮津の海を染めています。

この瞬間を楽しむ!これが波動ですね。

明日は、いよいよ成相寺 元伊勢神宮です。






ツキ


満月には、1日早いですが、

とても綺麗な満月を見る事が出来ました。

この日の夕日も素敵でちゃんと陰陽の

バランスをとることが出来ました。

今月の満月は凄いエネルギーを

感じますね〜。

皆さんは、何を願いましたか??



元伊勢1


この日は、すご〜い大雨です。

浄化の雨でしょうか。。。

成相寺、松笠公園を早々に跡にして

元伊勢内宮皇大神社に行きました。

写真を見てください!

すごいでしょ〜。

雨もぴたりと止み、人っ子一人いない

境内は、素晴らしく良い場となっていました。

是非お勧めのパワースポットです。



昨日の、雷に大雨は、凄かったですね〜。

私は、空に光り続ける稲妻に大興奮の息子と、

現実離れした、自然界のエネルギーの凄さをおおいに畏敬の念を感した夜でした。

今朝新聞を見たら、ポートライナーが止まったり、停電でエレベーターに

閉じ込められた方など、下界では大変だったようでした。。


皆さん、お盆は楽しく過ごせましたか?

私は、メルマガにも触れましたが、岡山の吉備山中にキャンプに

出かけました。

避暑のつもりが、近年にまれに見る猛暑!
wendy4


暑さに弱いWendyをつれて旭川に! 

トンボを追っかけて川で元気回復!


とはいえ、テレビや新聞、パソコンに1日も触れない生活は、

考えてみれば、実は1日もないかもしれないのです。

そんな、状態に自分置いてみると、また新しい感覚に気づきます。

夜、テントの脇に簡易ベットを持ち出して、1時間近く星空を見上げる。

そこに、あたらな感じる心ーHADOを感じる。

そんな非日常的な刺激は、脳に新しい感覚が伝達され、

シナプスの新たな回路にスイッチが入る。

そんな、ちょっとした刺激を増やすことで、あなたの脳の回路が

覚醒されていくのです。

そんな場が、エネルギーに満ち溢れた場であれば、相乗効果で驚くような

感覚を体験出来たりするのです。

長野県伊那市に脅威のパワースポット「分杭峠」があります。

ここは、「0磁場」という特異な空間を形成し、

そこに「気」を発生する「気場」ができていると考えられています。

このような、場所はたとえエネルギーを感じない人でも、

よいエネルギーが体に取り込めるため、運気がアップします。

是非、機会があれば体験しに行ってみてくださいね!

詳しくは、こちらのサイトを参考下さい! ↓↓↓

分杭峠 驚異のパワースポット(ゼロ磁場)


パワースポットも良いのですが、毎日暮らすお家の状態も

出来れば、さわやかで清浄なほうが良いですよね。

空間の波動調整や電磁波対策として、皆様にご好評の

結界用炭(部屋用)が、ようやくカードで購入できるようになりました。

この機会に是非、お部屋の波動調整にお役立て下さい。

配置等のご相談もいつでもお受けします。

結界用炭のサイトは→http://www.cau-d.jp/jp/works/retail/retail_room.html





皆さんは、「パワースポット」という言葉をご存知でしょうか?

「パワースポット」または、「エネルギースポット」と言われる場所が、

世界中あちこちにあります。

日本で、有名なのは、ご存知「伊勢神宮」ですよね。
その他、有名な神社(出雲大社や貴船神社など)
は、パワースポットであることが多いようです。

といっても、実際のところ、エネルギーを感じる力のある方がそう言ってるだけで

ほとんどの方は、「まあそういってるんだからきっといいんだろう。」程度のもんです。

でも、実際に私たちがイヤシロチとしての条件を満たしている場所はやはり

このパワースポットと言われている場所と重なることが多々あります。

地磁気の値も(地磁気については前に書きました)400-500mgとかなり高めの数値が出たりします。

しかし、このパワースポットも永遠に続くと言うわけでは、ありません。
地球も生きているので、年々そのエネルギーの状態も変わって移動するのです。

そう考えると、伊勢神宮の式年遷宮とは、実に地球のリズムまで見越した
素晴らしい知恵と言えますね。。

昔の日本人はきっと気の流れが見えていたんでしょうね。

この数年は、パワースポットであり世界遺産の宮島の厳島神社に先日、行ってきました。


厳島神社

昨年10月には、あのダライラマさんが、来られたというのも、偶然ではなさそうですね。

特にお勧めのコースは、夜の屋形船での参拝です。
満月に参拝できれば、運気がダウンしているあなたも、開運間違いなしですよ〜。

とても、神秘的かつモチベーションが確実に上がります。

帰りは、「もみじ饅頭」でしめてください。
チョコ味、バナナ味、チーズ味、など結構楽しめます。( ´∀`)

このエネルギーもいつまで続くかわからないので、旬の宮島はお勧めです。

その他のパワースポットを知りたいなら、イヤシロチ―万物が蘇生する場所がある



でも鹿には、ご注意。
無表情な顔で、淡々と付きまとわれるので結構不気味。。(´;ω;`)

人気ブログランキングに参加してます。
この記事が役にたったと思われる方は、ココをクリック
お願いします!





livedoor プロフィール