2014年05月03日

NHKのBSプレミアム「超常現象」


本日、NHKのオンデマンドで「超常現象」第1集「さまよえる魂の行方」を見ました。幽霊や生まれ変わり、臨死体験などを化学的に証明することがテーマの番組です。

とても面白かったです〜(*≧∇≦)/
「恐怖」の意識が特定の場所の体温を下げるとか、「人魂」とプラズマ現象の原理など。

これらのことを全く信じない人も問題ですが、その逆にこれらの現象を信じすぎる人もまた問題です。

私はどちらかというと「超常現象」は大好き(笑)の方なので後者に属しますが、出来る限りその根拠を証明したいと考えているので、化学的な実験が何らかのヒントになることはとても嬉しいことです。

例えば、今回の体温の低下が「背筋を凍らせる」感覚になるというのも「なるほど」と思いましたし、強い電磁波が脳に一時的な現象を視覚中枢に起こすなども興味深い報告でした。

これらの研究が進むことで、上記の相反するタイプの人たちが徐々に中間(ゼロポイント)に近づく事が世界の観念を大きく変えることになるのかな〜と漠然と感じました。

これはシリーズものなので、GWの楽しみになりそうです。


 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール